当校について

この記事は約9分で読めます。

当校は八尾初英語とプログラミング同時に学べる子供向け英会話&プログラミング教室です。
しかし、ただの英語×プログラミング教室ではありません。
21世紀型スキルを育む「STREAM教育」を提供します。

子どもたちは楽しみながら、
英語とプログラミングだけではなく、
論理的思考力、問題解決力、コミュニケーション力、
自己表現力など、自然に身につけられます。

また、異なる国の文化、パソコンの基礎知識など、追加料金不要で身につけられます。


対象は基本的に年長~小5になりますが、意欲があれば、年中や小6のお子様でも受講可能です。

本記事では、ワンダーコード八尾緑ヶ丘校のミッション、教育方針、特徴などをご紹介します。
これからお子様の英語やプログラミング教育を始めたい方はぜひご参考ください。

下記の記事で当校のコースやレッスンの進め方などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。

ミッション

ワンダーコード八尾緑ヶ丘校のミッション

ワンダーコード八尾緑ヶ丘校は、「英語×プログラミング」で21世紀に必要なスキルを育み、子どもたちの未来の可能性を広げることを掲げ、これを日本中の子どもたちに対して実現することを目指しています。

2020年度から、小学校では、英語とプログラミングの学習※が必修化されるようになりました。
※英語:3年生から。
※プログラミング:何年生からは明確に決まっていませんが、4年生からの学校が多い。


これらの教育改革の背景は、グローバル化情報化の加速です。
しかし、海外と比べ、日本の英語およびICT教育はまだまだ遅れている方です。
例えば、中国や韓国では、小学校1年生から英語教育が始まります。イギリスでは。5歳からIT教育が始まります。
下記の記事では、日本の英語教育について説明していますので、ぜひ併せてご参考ください。

そもそも、21世紀に必要なスキルとは何か?
以下のスキルはいかがでしょうか?
・創造力
・論理的思考力
・問題解決力
・自己表現力
・コラボレーション力
・多言語力


もちろん、これらはスキルは非常に重要です。
当校のレッスンを通して、上記のスキルを楽しく遊びながら身につけられます
しかし、もっと重要なものがあります。
それは、失敗に恐れず、積極的にチャレンジするスキル(能力)です。

なぜなら、知識の更新が激しい時代において、常に新しいことを学ぶ必要があり、全く違う分野の専門知識を求められる場合も増えています。
また、日本人はよく自分の意見を言うのが苦手だと言われていて、せっかくいいアイデアを考え出したのに、周りに伝えられず、宝の持ち腐れになってしまうことが少なくないです。
なので、失敗に恐れず、どんどんチャレンジできる人であれば、変化に対応でき、どんどん成長し、時代の流れに乗って行けます。

当校では、英語とプログラミングを学ぶことが目的ではなく、あくまで手段としています。
レッスンの中に、個人ミッションとチームミッションが与えられています。
子供たちに、自分で考え、沢山失敗して、最終的に成功する経験を積んで、失敗に恐れず、どんどんチャレンジできるようになってもらうことを目指しています。

教育方針

子供たちに自分で考える習慣を身に付けてもらう

子供たちは分からないことがある時、すぐに答えや指示を出すのではなく、答えを導き出すために、問いを掛けたり、ヒントを出したり、最終的に子供たちに自分で答えを考え出してもらいます。

子供たちにチャレンジ精神を身に付けてもらう

失敗しても、間違えても、全然OKの環境を用意します。
どんどん失敗し、試行錯誤しながら、最終的に成功するように指導します。

レッスンの進捗より、子供たちの理解度を優先する

カリキュラムに遅れても、全ての子供がレッスンの内容を理解することを優先します。

特徴

①英語とプログラミングを学ぶではなく、英語でロボットやゲームを遊ぶ

英語でプログラミングを学ぶ

人間は怠け者です。
何かを勉強する、学習すると言われると、緊張になったり、抵抗感が出ます。
大人でもそうなりますので、こどもではなおさらです。
一方、遊びや興味のあることをやると言われたら、嬉しいと思わない人はいません。

嬉しい、楽しいと感じることこそ、知識やスキルを身につけるための早道です。
なぜなら、楽しいと感じる時、脳が活性化し、知識の吸収が効率的になります。

当校では、英語とプログラミングを勉強するのではなく、英語でロボットやゲームを遊びます
遊びながら、自然に英語力とプログラミング力を身につけます。

②子供の興味を引き出す教材

英語教材

英語の教材に関しては、「ハリーポッター」で世界的に有名なスカラスティック社※の子供英語教育教材を使用します。
面白い物語になっており、アルファベットや発音から、実用性の高い日常英語まで学べます。

※スカラスティック社について


Dashと受賞歴

そして、可愛いロボット「Dash」が子供たちのパートナーになり、一緒に楽しく学びます。

Dashは、シリコンバレーで開発され、著名な教育関連の賞を100以上も受賞している確かな教材です。
子供たちはDashと一緒に遊びながら、プログラミングの基礎から大学共通テストレベルの複雑な処理まで幅広く学ぶことができます。

ちなみに、Dashはオバマ元大統領にイベントでホワイトハウスに招待されたこともありますし、
世界中の25,000を超える学校で導入されています!

Dashとオバマ元大統領

③最先端のSTREAM教育モデルがベース

STREAM教育モデル

STREAM教育とは、2000年代にアメリカで始まった Science・Technology・Engineering・Mathematics から成るSTEM教育に、Art と Robot/Reading の要素を加えた教育モデルで、これからの時代に必要とされる21世紀型スキルを育む教育モデルとして日本でも注目され始めています。
・Science…科学
・Technology…技術
・Reading…読解力
・Engineering…工学
・Art…表現力 / 創造力
・Mathematics…数学


例えばワンダーコードのカリキュラムでは、物語から創造力を働かせ、角度や速度を計算し、ロボットを走らせるために工学数学の知識を学びます。
ストーリーベースでレッスンを進めるため、楽しみながら読解力・集中力を鍛えます。

また、動きを観察し課題に対して仮説検証を行い科学しながら、実行可能なプログラムを設計・構築する技術を学びます。

そして、テーマ学習やレッスンを通して感性を育み自分の意見を表現する力、チームワークのクリエイティブミッションを通してシナジーを創り出す力も必要になります。

④IT専門家×多言語力×異文化コミュニケーション力を持つ講師

当校講師

当校では、ネイティブに近い発音で、オールイングリッシュの研修を修了した認定講師が専任で行います。
日本最大手IT企業の経験を持つIT専門家で、実戦レベルのプログラミング思考力IT基礎知識を惜しまずに子供たちに伝授します。
そして、日、中、米の滞在経験があり、それぞれの文化を理解しています。子供たちに海外の文化を教えたり、子供たちに日本の文化を教えてもらったりすることによって、異文化コミュニケーション力を身につけてもらいます。

下記の記事にて講師の詳細についてご紹介しておりますので、ぜひ併せてご確認ください。

当校を選ぶ理由

下記の4点が挙げられます。
・少人数制
・料金が安い
・IT専門家×多言語力×異国文化バックグラウンドの専任講師
・年間48回レッスン&振替可能


下記の記事で詳細をご説明しておりますので、ぜひご確認ください。

教室様子

落ち着いたカフェー風で、椅子に座ったり、床に座ったり、子供たちが圧迫感なく、自由で楽しくレッスンを受けられる雰囲気です。

オープンな教室

当校Instagramにレッスン風景を掲載されております。
ぜひ併せてご覧ください。

受講開始までの流れ

①無料体験申し込み→②当校からご連絡→③説明・体験会の実施→④レッスン開始

アクセス

当校は八尾市緑ヶ丘5丁目103番にあります。
太陽ドライセンターさん(クリーニング屋)と美容室hacoさんの向かい側。
静かな住宅街で、車の通行がほとんどなく、安心して通学頂けます。

臨時駐車場有:最大2台(事前連絡要)
駐輪場有

専用アプリで保護者様へ登下校を通知し、お子様一人にも安心して通わせます。

関西スーパー旭ヶ丘店:自転車1分、徒歩5分
山本小学校:自転車1分、徒歩6分
西山本小学校:自転車1分、徒歩5分
長池小学校:自転車2分、徒歩7分
堤町バス停:自転車2分、徒歩5分
近鉄八尾駅:自転車10分、徒歩17分
河内山本駅:自転車12分、徒歩20分

教室外観

最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひ気軽に教室見学にお越しください。
体験授業を受けていただき、お子様が楽しく学ぶ様子をぜひお試しください。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。